建売住宅と何が違うの?

注文住宅と建売住宅の違いがイマイチ分からないという人は、その違いとメリットを比較してみましょう。自分に合った方を選ぶことができるかもしれません。

注文住宅と建売住宅のメリットと違いを比較

注文住宅

自分で間取りや、住宅のデザインを考えることができるためオリジナリティのある住宅を購入したいという人達から人気です。建築資材・予算も調整できるため自由に選択範囲が広いとうメリットがあります。

建売住宅

すでに建設された状態で売りに出されているため、間取りやデザインを自分で指定し作ることはできません。しかし、手続きが終われば直ぐ入居することができるため早く引越ししたいという人には最適でしょう。

どんな所を確認しておくべきか調べておこう

注文住宅で家の建設を検討している人は、建設前に確認すべき部分を調べ下調べをしておきましょう。下調べをせずに、建設作業を進めてしまうと後々トラブルの原因になる可能性があります。

建設前に確認しておくべきこと

住宅模型

住みやすい土地環境か確認

家探しをするとき同様、注文住宅を建設するときも土地環境は事前に確認しておきましょう。土地周辺の環境によって生活のしやすさが変わるため、事前に調べておいた安心です。土地環境を調べるときは、実際にその土地を訪れ自分の目で確認してみましょう。

建設を依頼する業者の実績を確認

建設依頼をする前に、業者の実績をホームページなどで確認してみてください。実績を見ることで業者が今まで建設してきた注文住宅のデザインを見ることができるため、得意なデザインを判断することができるでしょう。

オーダーできる範囲を確認

注文住宅といっても、業者によってオーダーできる範囲が異なります。そのため、依頼する前にどの範囲までオーダーすることができるのか業者に確認しておきましょう。間取りやデザイン・資材も指定したい場合はフルオーダー可能な業者を探してみてください。

注文住宅の依頼方法「依頼前に知っておきたい情報」

間取り図

依頼前に予算を決める

注文住宅の依頼をするなら、まずは予算を決めておきましょう。デザインを先に決めてしまうと予算オーバーになってしまう可能性があります。しかし、予算を先に決めておけば業者の人と予算内で可能なデザインを考えることができるため、スムーズに話を進めることができるでしょう。

男の人と女の人

建設にかかる期間を聞いておこう

注文住宅は、デザインから決めるため建売住宅を購入するよりも時間がかかってしまいます。そのため、どのぐらい建設に時間がかかるのか依頼する業者に確認しておきましょう。引越ししたい時期が決まっている人は早めに業者を探し、建設準備を進めていった方が良いかもしれません。

室内

間取りを決めるときはポイントを押さえる

住宅デザインをするときは、しっかりと間取りを考えながら決めるようにしましょう。自由に間取りを決めてしまうと、実際生活をしたときに使いにくかったり、使わなくなったりしてしまう部屋が出てしまいます。間取りを考えるときのポイントはインターネットで調べることも可能ですが、注文住宅建設業者に相談することもできます。

積み木

失敗例を参考に対策方法を考える

土地によって建設可能な住宅デザインが異なるため、注文住宅の成功例だけではなく失敗例も事前に調べておきましょう。どんな風にデザインしてしまったら生活しにくくなるのか・間取りのバランスが悪くなってしまうのかなどが事前に分かれば、失敗例を参考に対策することができます。

[PR]
大阪の新築一戸建てを多数販売中
理想の物件がきっと見つかる

注文住宅でこだわりたい部分リスト

  • リビング
  • キッチン
  • 浴室
  • 寝室
  • 子供部屋